小さい 普通 大きい HOME お問合せ

診療科目

神経内科・内科

神経内科について

神経内科は脳・脊髄・末梢神経・筋肉の病気を担当する内科の一分野です。
神経内科が診療する疾患は広範囲に及び、頭痛やめまい、しびれ、神経痛などのよく経験するような症状・疾患から、最近増えている認知症やパーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症などの神経難病も神経内科が担当します。
(下の表をご参照ください)
神経内科・内科

診療科の名称が紛らわしく、よく精神科や心療内科と間違われてしまいますが、全く異なる診療科です。精神科や心療内科は「精神の病気・心の病気」を診る診療科で、うつ病や不安障害、統合失調症、心身症などが主な疾患です。精神疾患はCT/MRIで脳を調べても、血液検査などの検査を行っても、何も異常が見つからないという特徴があります。これに対して神経内科が対象とする疾患は神経系(大脳・小脳・脊髄・末梢神経・筋肉)に炎症や血管障害、変性、腫瘍などの病変が生じることで起こるもので、検査で何かしらの異常を発見できる疾患です。また脳外科は神経内科と同様に脳を対象にしますが、脳の外傷(交通事故など)や脳腫瘍、脳動脈瘤など、手術が必要な疾患を扱います。神経内科で診察して脳の手術が必要な時には脳外科へ紹介します。また、脊髄や末梢神経の手術が必要な時には整形外科へ紹介します。このように神経内科で診療する症状や疾患には脳外科、整形外科、耳鼻咽喉科、眼科、精神科、心療内科などの診療科と重なる部分があります。患者様にとって、どの診療科で治療を受けるのが最も良いか、交通整理をするのも神経内科の大切な役目です。

神経内科が対象とする症状や疾患

具体的な
症状
物忘れ、頭痛、めまい、しびれ、神経痛、歩きが悪い、よく字が書けない、言葉のしゃべりが悪い、力がよく出ない、手が震える、ものが二重に見える、目の周囲がピクピクする、立ちくらみなど
具体的な
疾患
脳梗塞などの脳血管障害、アルツハイマー病、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、片頭痛、顔面神経麻痺、髄膜炎、三叉神経痛、てんかんなど

一般内科疾患について

当院では高血圧や高脂血症、糖尿病、風邪などの一般内科疾患も診療します。
当院ではできない検査や治療が必要な場合には専門の病院や医院をご紹介します。

MRI検査

MRI(Magnetic Resonance Imaging)は磁気共鳴画像のことで、1980年代から臨床に用いられるようになった画期的な画像診断法です。見た目が同じような画像なので、CT(Computed Tomography; コンピューター断層撮影)とよく間違えられますが、全く別のものです。
CTはX線を用いて身体の横断像(輪切像)を撮影しますが、MRIはX線を用いません。
MRIの原理は少し複雑で、強力な磁場に置かれた原子核が特定の周波数の電波に共鳴して自ら電波を発生する、核磁気共鳴という現象を利用して画像を作り出します。
MRI

MRIには、 (1) X線被曝などの体に与える負担がないので、繰り返し撮影しても大丈夫
(2) 横、縦、斜めなど、自由に断面が設定できる
(3) CTと異なり骨による影響がないので、骨に囲まれた脳や脊髄なども詳細に調べることができる
(4) コントラスト分解能が優れ、病変の描出に優れている
(5) 血流を画像化する技術があり(MRA;Magnetic Resonance Angiographyといいます)、造影剤を使用しなくても脳血管などが簡単に撮影できる

など多くの利点があります。但し、CTと異なり、撮影に必要な時間が長く、胸部などの動きの大きい部位は鮮明な画像が得られにくく、苦手です。

MRI検査を受けるときの留意点

次のような患者様は検査ができません。

(1) 心臓ペースメーカーを使用している方
(2) 心筋梗塞や狭心性で冠動脈ステントを留置して間もない方
(3) 体内に金属を入れている方(脳動脈瘤クリップ、人工関節など)
(4) 刺青のある方
  (使用している顔料の中にはコバルトや鉄などの磁性体を含むものがあり、火傷の危険があります)
(5) 妊娠中もしくは妊娠している可能性のある方
(6) 閉所恐怖症の方

次の物を検査室内に持ち込みますと破損したり、検査に影響することがありますので、取り外していただく場合があります。

(1) 時計、金属製の装飾品(指輪、イヤリング、ネックレス、カラーコンタクトなど)
(2) 濃いアイシャドーなどは落としてください
  (磁性体を多く含む化粧品で火傷をする場合があります) (3) 入れ歯、眼鏡、補聴器、金属のついている下着など (4) キャッシュカードなどの磁気カード、携帯電話などの電気製品、ホッカイロなど

MRI検査の当日、食事は普通にお摂りいただいて結構です。

動脈硬化測定装置(FORM)

血圧や血糖値、中性脂肪やコレステロール値が高い方は動脈硬化が強く生じてくる危険が高い方です。
動脈硬化が進むことで脳梗塞などの脳血管障害、あるいは狭心症や心筋梗塞など重篤な疾患を引き起こします。
したがって、動脈硬化を早期に発見して、早期に治療を行うことが重要です。
FORM検査は、PWV(脈波伝播速度)とABI(上肢と下肢の血圧比)を測定する検査で、動脈硬化の程度と下肢の動脈の詰まり具合を知ることができます。
実際の検査は両手、両足首の4ヶ所の血圧を同時に測定するだけで、検査時間はわずか5分程度です。
動脈硬化測定装置

デジタル脳波計

最新のデジタル脳波計を導入しています。脳波は微弱な脳の電気活動を調べることで脳の働きを知ることができます。意識障害、けいれん性障害、代謝性脳障害などの診断や治療効果の判定に役立ちます。
脳波検査は安全で無害なもので、ベッド上に静かに横になっているだけで苦痛はありませんが、30~60分の時間がかかります。異常な脳波を検出しやすくするために、脳波記録の途中で深呼吸を繰り返し行っていただいたり、眼前でストロボフラッシュを点滅させたりする場合があります。
デジタル脳波計

脳波検査を受けていただく際の留意点

(1) 予約検査です。当日は予約の時刻に遅れないようにお越しください。
(2) 検査前にトイレを済ませておいてください。
(3) 頭部に電極を装着しますが、接触不良の原因となる場合がありますので、前日は洗髪を丁寧に行い、整髪料(ヘアオイル、クリーム、ワックス、ポマードなど)は使用しないでください。
(4) 脳波検査中に眠ることができると、睡眠時の脳波がチェックでき、より検査の価値が高まります。前夜は多少寝不足の状態になるようにしてください。
(5) 食事や服薬は通常通りで結構です。
このページの先頭へ